オーストラリア英語って・・・?

今日はオーストラリア英語についてお話しましょう。オージーイングリッシュで有名なのは、[ei] の発音が [ai] になることでしょう。たとえば、Good day, mate! は「グッダイ、マイト」に聞こえます。発音に加えて特徴的なのが省略した言い方。breakfast はbrekkie (ブレッキー)、barbecue は barbee (バービー)、biscuits やcookies の類は bickie (ビッキー)のようになります。「ありがとう」の "Thank you!" は "Ta" (タ)、「どういたしまして」 は "No worries!" (ノー・ワリーズ)なんていいます。ちょっとかわいいですね。

オーストラリアでは日本ほど多くのTV番組がありません。ABC(3つチャンネルがある)かSBS(同)のほかに、CSのような多チャンネルがありますが、種類はあまり多くありません。夜も早く終わります。夕方の番組で面白いのは、SBS1 でやっているシェフが世界のあちこちの農場を回り食材を仕入れて料理する "Gourmet Farmer" という番組。これと似た番組でABC1の"Bill's Tasty Weekends" 。これはイケメンシェフがイギリスの田舎を回り、そこのフレッシュな食材を使って斬新な料理を次々と繰り出すもの。どちらも日本でも放映されれば結構人気が出ると思います。

私のこちらでの自炊生活は悲惨です。一人だとどんなに少なく作ったつもりでも一回作った料理は数回食べる羽目になり食材も余りがち。どうしても take away を温めるだけ、お湯を注ぐだけのスープなどになってしまいます。2年前に比べこのあたりのレストランの値段も高めだし、一人では行く気にもなりません。ちょっとさびしい話題でした…

さて、昨日からキングスパークでワイルドフラワーフェスティバルが始まったので、散歩がてら歩いて行ってきました。高台から見下ろすスワンリバーの景色は最高にきれい。

画像


画像


バオバブの木。
画像


これが西オーストラリアの州花 "Red and Green Kangaroo Paw"。何に似ているでしょうか?
そう、名前の通り、「カンガルーの前足」。
画像



では、また!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック