ブリスベンにて

画像

12月1-2日にオーストラリアのブリスベンに行きました。
Translation and Cross-cultural Communication というテーマの国際学会で研究発表をしました。
この学会はUniversity of QueenslandのConfucius Intstitute が共催しています。
日本語では「孔子研究所」とでもいうのでしょうか。
そのため参加者は中国の研究者が多く、日本人は私を含め3名でした。
UQはもともと日・英語間の会議通訳者養成の修士プログラムで定評があります。
ところが最近では中・英の志願者が圧倒的に多くなり、相対的に日本語のプログラムは
縮小気味のようです。
画像


キャンパスは広大です。
画像


画像


学会のメイン会場は、St. Lucia というキャンパスです。
ここへ行くにはブリスベンのシティセンターからフェリーに乗るのが一番便利。
道路が混んでいても水上はスイスイ。
画像


2日目、学会も無事終了したので、親しくなった韓国のKwonさんとシティでディナーの約束をしました。
ところが、集合場所の市役所のツリーの前が異常な人だかり。
なんとツリーの点灯式の日だったようで、市民が家族総出でツリーを取り囲んでいるのです。
バンドの演奏やDJも繰り出して、大イベントだったようで、人混みがすごくてなかなか会うことができません。
30分ほども人並みにもまれてうろうろしているうちにイベントも終わり、人が散り始め、ようやく会うことができました。夏のクリスマスです。
画像


翌日は、ブリスベンの植物園に行きました。街の真ん中にあるにもかかわらず、マングローブの林をはじめ、亜熱帯の動植物が見られます。
画像

こんな動物にも歓迎されました。
画像

ブリスベンはオーストラリアの東海岸にあり、ゴールドコーストへの玄関口になっています。
シドニーより少し北に位置し、気候は亜熱帯です。
台湾のような気候です。

亜熱帯性の植物が多く見られます。
画像

画像


画像






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック